貯めたマイルはどうやって移行すれば良い?

ANA VISAカードでは、マイルに貯めたポイントを移す場合に二つのコースがあり、二つ移行方法も準備されています。

 

ANA VISAカードの5マイルコースの場合は、1000円が1Pの5マイルで、10マイルコースの場合は1000円が1Pの10マイルになります。 ポイントを移す方法は、自動移行と都度移行があります。5マイルコースの場合は移行の手数料が無料になります。

 

一方、10マイルコースの場合は6300円の移行の手数料がかかりますが、高いマイル交換率になります。 3マイルで1Pを別のカードで貯めるよりも移行の手数料がかからなく、5マイルで1Pを貯める方が効率は良くなりますが、可能であればマイルを10マイルコースで移行の手数料を少なくして貯めたいですね。

 

そのため、10マイルコースを選択した場合には都度移行を選ぶ方法がおすすめです。 この方法はポイントを自分でマイルに移す手間が必要ですが、移行の手数料をその分抑えることが可能なのです。

 

マイル移行の場合の手数料を、自動移行の場合と都度移行の場合を比較してみましょう。自動移行の場合は、6300円が毎年かかるため、12600円が2年間で必要になります。しかしながら、都度移行にすると6300円で2年に1回済ませることが可能なのです。

 

つまり、1年ごとの場合には6300円かかるということでも、2年ごとにすると1年間は3150円の半額の費用で済みます。 ここでどうして2年にこだわるかと言うと、ポイントの有効期限はANA VISAカードの場合は2年になっているため、2年間ANA VISAカードを使って、マイルに貯まったポイントを移すとポイントが失効するのを防止することが可能であるからです。

 

このような方法を利用すると、マイルへ移行する手数料を少なくすることが可能で、ANA VISAカードの場合には、条件によっては年会費の2100円を788円にまで下げることができます。

マイルの移行は有料?

ポイントがANAマイレージクラブへ移行することができるカードには、移行する場合の手数料が有料なものと、無料のものがあります。ここでは、ANAマイル移行が有料になっているANA VISAカードについてご紹介しましょう。

 

カードで最もANAマイルを貯めやすいものは、1,000円のカード利用についてポイントが10マイル相当プラスされるようなもので、ANA VISAカードなどが相当します。ANA VISAカードの場合には、移行する手数料として年間に6,300円+税がかかります。

 

しかしながら、ポイントでカードで獲得するものはほとんど有効が2年間の場合であるため、ポイントで2年間に貯まったものをまとめて移行すると、実質的に年間の移行の手数料は半額に抑えることが可能です。

 

例えば、ANA VISAカードのマスターカードの場合は、年間の移行する手数料は6,000円+税であるため、ポイント移行を2年ごとに行った場合、年会費と移行手数料の2年間分の合計は10,000円+税になります。一方、ANAマイルが一番貯まるのは、やはりANA VISAカードなどのANAカードです。

 

一般のANAカードには、「ご入会・毎年継続時ボーナスマイル」という1,000マイルが付与されるもの、およびフライトをANAグループ便で行うたびに「搭乗ボーナスマイル」という基本の区間マイレージの1割がアップするものがついているため、非常にANAマイルが貯まります。